国際ソロプチミスト幡多−Soroptimist International of Haha
クラブ紹介
国際ソロプチミスト
会長挨拶
委員会活動
会報・四万十
リンク
地域情報
お問い合わせ
会員専用
トップページ
事務局
事務局
E-Mail:info@si-hata.jp
バナー
トップページ    >    委員会活動    >    2011年7月〜2012年6月 会長 田中 信子
■日本西リジョン翻訳チームボランティア登録
2011-2012年期 日本西リジョン翻訳チームボランティアに、SI幡多会員 オルガ・イレネ・カストリジョンさんが登録されました。ご活躍をお祈り致します。
写真   写真
■ユースフォーラム 2011年7月28-29日
2011年7月28-29日、岡山コンベンションセンターにおいてユースフォーラムが行われました。
テーマは「私達になにができるか」―21世紀国際社会における日本の役割−です。
出席者はユース52名(クラブから推薦された女子高校生)、慶応義塾大学講師・藤屋リカ氏、日本西リジョン理事会5名、実行委員会28名、オブザーバー159名の計191名。
高校生は、 自己紹介から始まり、グループ討論、夕食会、親睦会。その後も21時までグループ勉強をしました。
2日目はグループごとに意見をまとめ発表、大変強硬なスケジュールでした。
国際社会で、日本の役割、高校生にできることをテーマに真摯で真面目に考え、それはボランティアについて、原発問題、大震災支援、戦争・宗教問題、平和、 貧困、人身売買、政治などついて多岐にわたっていました。ペットボトルのふたを集めワクチン費用にする、歌や踊りで文化交流をする、弓道部・茶道部・書道 部などの日本文化を通じて国際交流をする、留学経験などを通じて意見を出し合いました。
日頃の活動を通じて、知識と経験を蓄えて、みんなのために役立ちたい、つながりを広げたい、心に寄り添って仲良くしたいという思いがひしひしと伝わってきました。
あるグループの 高校生は、Super High School Students(SHSプロジェクト)と名づけたプロジェクトを発表。
世界を動かすには、知識を持ち支援する、経済を生かし個性を発揮、将来特異性を生かしより好く生きる、その活用の場として大人子供のために、未来のために、SHSプロジェクトを作ろう!
今後、高校生の交流を深め、輪を広げるプロジェクトをたちあげよう!と結んだ。
このフォーラムは、いろんな地域の高校生が、いろんな思いをお互いにぶつけて知るいい機会になると思います。地域のネットワーク作り・マンパワーなど可能なのがソロプチミストの強みと思います。
カバナーも高校生の運動を支援していきたいとおしゃっていました。
私達が高校生から元気をもらった、勉強させてもらったフォーラムでした。
写真   写真   
写真   写真
写真
■西リジョン クラブ役員・委員長研修 2011年9月8日
田中会長と筒井環境・保健委員が出席。
写真   写真
■第9回国際交流会 2011年11月6日
継続事業として幡多地域のALTの先生に集まって交流会を開いています。
今回は、伊藤和子先生をお招きして絵画教室・折り紙・しおり作りに挑戦しました。
彩り・形など繊細な部分で違いがあり笑ったりびっくりしたり勉強になりました。
写真   写真
写真   写真
■新年会・入会式  2012年1月22日
今回入会した熊井さんも強い戦力になりそうです。
写真   写真
■国際ソロプチミスト松山認証40周年記念 2012年2月8日
女性だけの交響楽団の演奏力強かったです。
会員一同が力をあわせたきめ細やかな配慮が感じられる式で感激して帰って来ました。
写真   写真
■梓立祭  2012年3月4日
2012年3月4日早稲田大学の「建学の母」といわれる小野梓が宿毛出身・また多くの偉人を輩出している人物を顕彰する会として発足。
今年も元大学総長「奥島先生」をお迎えして梓立会が開催された。
小中学校児童・生徒による発表、絵画作文コンクール表彰式。
早稲田大学学生さんによる「小野梓の目指していたもの」「宿毛小学校生や橋上中学生との交流の促進」の発表。講演:早稲田大学文学学術院長・大日向純夫(おびなたすみお)先生のご講演。
■第26回西日本リジョン大会  2012年4月18−19日
2012年4月18日から19日まで広島国際会議場にて行われました。
今回、田中会長、白木、久米、筒井4人出席。
講演:国際ソロプチミストアメリカ連盟会長・パトリシア・ノヒュー氏と連盟事務局長・エリザベス・ルーカス氏の講演がありました。
内容は、「私達が引き続き、地域社会について学び、女性と女児の生活に影響を与える問題や関心ごとについて考え、これらの問題を取り組むためにソロプチミ ストとしてどのように率いるかの方法を決めていく中で、長期テーマ「導くために教育する」の3本柱
(1) educate(教育すること)
(2) enable(可能にすること)
(3) empower(エンパワーすること)は、理解、提唱、行動への道を開くでしょう!」と述べられました。
表彰式:日本西リジョン ヴァイオレット・リチャードソン賞にSI幡多より佐治友愛さんが3位に入賞されました。
写真   写真
写真   写真
写真   写真
■図書費寄付  2012年5月29日
宿毛市の図書館に図書カード5万円を寄付。
毎年の継続事業で、宿毛市・四万十市に5万円ずつ寄付をしています。
2012年5月29日、SI幡多宿毛のメンバー5人が宿毛文教センターを訪れ、岡村教育長に手渡しました。
文教センターには、書籍を並べたコーナーがあり多くの人達に利用していいただいております。
写真   写真
■日高さんとの交流会  2012年6月8日
元会員の日高さん、現在は南リジョンのSI飯塚に移籍され、熱心にご活躍しています。
日本財団でも松山でお会いしました。いつもSI幡多のことを気にかけてくださり感謝感激です。
旧会員も駆けつけてきてくださり楽しいひと時を過ごしました。
今後とも宜しくお願いいたします。
写真   写真
▲ページのトップへ
Copy Right(C) 国際ソロプチミスト幡多 E-Mail:info@si-hata.jp