国際ソロプチミスト幡多−Soroptimist International of Haha
クラブ紹介
国際ソロプチミスト
会長挨拶
委員会活動
会報・四万十
リンク
地域情報
お問い合わせ
会員専用
トップページ
事務局
事務局
E-Mail:info@si-hata.jp
バナー
トップページ    >    委員会活動    >    2010年7月〜2011年6月 会長 筒井 翆子
■交代式 2011年6月19日
新役員です。頑張ってください。一年間宜しくお願いします。
写真   写真
■国際ソロプチミストアメリ日本西リジョン第25回リジョン大会 2011年4月21-22日
2011年月21-22日岡山シンフォニーホールにて、参加者1,251名で開かれました。
全体会議、ノートルダム清心学園・理事長の渡辺和子様による講演、表彰、夕食会、分科会と2日間にわたり、有意義な盛大な大会でした。
SI幡多は、始めて「会員維持賞」、「メンバーシップ賞」、「会員増強賞」をいただきました。
これからも会員が減ることないよう努力したいです。
また、筒井会員が今回、幡多で始めての環境/保健奉仕委員になり、岡田委員長・佐々木委員と分科会をすすめました。
2010-2012年期日本西リジョンテーマ「女性と子供の生活〜夢を生きる〜」のテーマに沿って、HIV/エイズ予防教育啓発活動・子宮頸がんの予防・食育の推進・地球の環境問題に250名参加者の中から、9クラブから活動報告・取り組みの発表、意見交換がありました。
折りしも東日本大震災のあとでしたので、水・衛生の環境問題、子供たちの心身の健全育成を育むための食生活、地産地消の推進、安全な食材確保についてなど議論も活発化しました。
地球に住む私達一人一人が日々豊かに・心豊かに生きるよう問いかけて行きたいと思いました。
写真   写真
写真   写真
写真   写真
■SI岡山40周年記念式典 2011年4月5日
2011年4月5日にSI岡山40周年記念式典が開かれました。大震災の直後で開催も心配されたそうですが、震災の方たちに心を寄せながら、また私達も式 典を開催できることに感謝しながら、認証式を慎ましく終えました。SI岡山の皆様の40年間の活躍と活動に感動と尊敬を覚えました。
写真   写真
■図書費寄付 2011年4月
ソロプチミスト文庫も増えつつあります。今年は図書館も予算がアップしたそうでよかったですね。本をたくさん読んでください。
写真   写真
■例会
例会の様子。
写真  写真
■インドシナ難民衣料「愛の服キャンペーン」協力 2010年12月4日
10月初め、県内5クラブの協力により船便にてアジア連帯委員会により、タイ・ラオス等の国に運ばれました。
写真
■平成22年ソロプチミスト日本財団年次大会に出席 2010年11月25日
11月25日、アイテムえひめで2,500名出席のもと、社会ボランティア賞、環境貢献賞、青少年育成賞、千嘉代子賞および国内・国際奉仕援助金贈呈式が行われました。
その後(坂の上の雲ミュージアム館長)松原正毅氏の「人類史のなかの日本人」と題され講演がありました。現生人類の起源はアフリカの一角で発生した数百人 の集団で時間が経つことによって多様化されたがそれも大事だがもとはひとつだったという人類としての共通認識を育てていくことが大切・言葉の違いでの寛容 性も大切などのお話がありました。
世界中にフレンドシップ・リンクを持ち交流を持ち、深めているソロプチミスト精神に共通するものだなぁと感動しました。この財団法人日本財団は、ソロプチ ミスト精神である、女性の地位の向上、社会福祉活動およびその他の奉仕活動に対する援助、協力を行うことにより、福祉の向上および国際友好の進展に寄与す ることを目的として、昭和54年(1979年)3月に、厚生省(当時)の許可を得、国際ソロプチミストアメリカ日本リジョンによって設立されました。
以来、この31年間で、各賞の総数1261件、3億9000万円、国内国際奉仕援助金274件1億6050万円貢献したそうです。これからも1人の力はわ ずかであってもどこかで誰かのお役に立っていれば、社会貢献も果たせているのかなぁと思いました。
写真   写真
写真   写真
■「女性に対する暴力をなくす運動」 2010年11月16日
高知県女性相談支援センターより配布されたチラシ(15枚)、DV相談カード(150枚)、デートDV啓発カード(250枚)、ポケッツトティシュ(200枚)の広報資料を宿毛フジスーパー前、四万十市で配布しました。
写真   写真
■第8回国際交流書道会 2010年10月24日
宿毛市のケアハウス「すくも」で、幡多在住の8名のALTをご招待して行いました。
クラブ幡多は地元のALTをご招待して国際親善をはかろうと始めてから今年で8回目。
今までALTの方達に、第1回から第6回までは、着物着付け・茶道を、第7回目は華道を、第8回目の今年は日本古来の文化・書道を経験していただこうと企画。
墨雅会グループの助村渓玉先生、小橋司先生、小島愛香先生他6人の先生をお招きして指導していただきました。
まず「永字八法」の書法を表す「水玉」を練習。
その後、色紙に自分の好きな字を書き落款を押します。
この落款は、小橋先生が一人一人の名前を「一番使う機会が多い大きさ」ということで12mmの石に彫られた手作りの品。
「自分の国に帰られても使ってほしい」という想いで彫られたものです。
皆さん感激。あとは手を真っ黒にしながら書道を練習。素敵な色紙が出来上がりました。
他に、布地に竹の筆で字を書いて、スプレーをかけると字が浮かび上がる法も教えていただき、一瞬にして芸術作品が出来上がりました。
額にいれれば「手作りおしゃれアート色紙」の出来上がりです。
その後は、石州流の田城先生他のこしらえた「お薄席」でお茶とお菓子をいただきました。
快い緊張感と疲れが癒されたような気分になりました。
少し疲れがとれたところで小橋先生直筆の「なつかしの歌」をアカペラで歌って、記念撮影。
短時間のうちに書道あり、寄せ書きあり、歌あり、お茶ありでハードでしたがALTの方々、皆様優秀な方々で、漢字も覚えられ、言葉の壁もなく、楽しい交流が出来ました。
今後も国境を越えて親睦を深め、国際交流に役立ちたいと思っております。
写真   写真
写真   写真
写真   写真
写真   写真
■第16回四万十川ウルトラマラソンにボランティア参加 2010年10月17日
2時半起きで、4時半集合。あったかい晴れた日。音楽をがんがん鳴らして応援しました。
早起きはできても100Kmは走れない!!皆さんすご〜い!
写真   写真
■三原村で例会 2010年9月21日
三原から初めて新会員が出来、三原ではじめて例会兼親睦会です。
村が静かで綺麗、魚が美味しかったです。
■四万十川川柳全国大会 2010年9月11日
幡多信用銀行の社会貢献活動の一つ「川柳大会」に久米と筒井が出席。
全国から応募者多数で、積極的な活動も地元から評価され、表彰式授与は感慨深いものがありました。
SI幡多も協賛しています。
写真   写真
■2010年度クラブ役員委員長研修会 2010年8月3日
猛暑の中、97クラブ、980名で岡山コンベンションセンターで開催。
2010年度の女性と子供の命を守る活動計画が審議されました。
■「DV等被害者の支援に関する協定書」の締結式 2010年7月30日
9クラブの会長が県庁に集り、尾崎県知事とDV支援に関する協定を締結しました。
高知県女性相談支援センター所長との打ち合わせ会や各クラブの情報交換をしました。
▲ページのトップへ
Copy Right(C) 国際ソロプチミスト幡多 E-Mail:info@si-hata.jp